読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The two drops of oil

本と語学とアニメと映画、時々旅行。他にもいろいろ普段人前でしゃべり足りないことを書いてます(´-`*)

映画鑑賞記:『言の葉の庭』

インターネット様様。海外にいても日本の映画、書籍、だいたいアクセス可能ですが、さすがに最新の邦画は観れません(;・∀・)

しかし『君の名は。』の予告を観て新海誠監督熱が上がったので、

言の葉の庭』を観ました!

ちなみに『君の名は。』って予告編観るまで、昭和期の同名ドラマが映画として復活するのかと思ってましたよ。笑


映画『言の葉の庭』予告編映像

 

あらすじ:

靴職人を志す15歳の高校生タカオは、雨が降るといつも学校をさぼって公園で靴のスケッチに熱中していた。そんなある日、彼は27歳のユキノと出会い、雨の日だけの再会を繰り返しながらお互いに少しずつ打ち解けていく。タカオは心のよりどころを失ってしまったユキノのために、彼女がもっと歩きたくなるような靴を作ろうと決心する。(Yahoo!映画より)

 

感想:

この物語の魅力はずばり日常系でありながらどこか神秘的なノスタルジーを誘う構成と、雪乃先生役を演じた花澤香菜さんにあると思いました。

 

この作品に置いて雨は3人目の登場人物、と言うほどウェイトを置かれているので、雨に溶け込んでいく公園の描写はとても神秘的なのですが、舞台が新宿と言うこともあって日常への親和性も高く、日常と非日常が溶け合っていく心地よさを味わうことができます。

 

物語はタカオ視点で進んでいくので、雪乃先生は謎の多い大人の女性として描かれています。雨の日の午前中にだけ会えるというのも神秘性が高まってまた素敵。

ですが、そんな、ミステリアスでちょっと儚げな女性に花澤香菜を充てる、ということに、私は冒頭違和感を感じていました。

花澤香菜さんって言ったら、可愛い少女とか、戦うヒロイン的なイメージが強くて、儚い感じの大人の女性のイメージとは…?

と思っていたのです。

が。最後の最後で、その私の認識は完璧に間違いだったことに気づくのです。

15歳のタカオくんからすればミステリアスな大人の女性でも、雪乃先生の視点に立てば、等身大の27歳なんて、まだまだ、大人になり切れてない。

(ていうか私と同い年。)

その切り替えが起こったとき、ものすごい衝撃派がですね…

心の琴線を揺さぶります。

 

やっぱり新海誠監督は外さないです。。