読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The two drops of oil

本と語学とアニメと映画、時々旅行。他にもいろいろ普段人前でしゃべり足りないことを書いてます(´-`*)

【英ガーディアン紙必読小説1000冊】のうち一体何冊読んだことがあるのか?!検証してみた。

読書

昔から収集癖があって、スタンプラリーとか大好きなんですが、

名湯●選とか日本百名山とか、そういうリスト化されたものを制覇したくなっちゃう習性があります…。日本百名山みたいにちょっぴり難易度高ければ高いだけ燃えます(笑)

で、最近、読書メーターのコミュニティで、英ガーディアン紙「死ぬまでに読むべき」必読小説1000冊を読破しよう!というのを見つけて思わず参加してしまいました(笑)

yurilam.wordpress.com

参加にあたって、今まで読んだ本はこの中にどのくらい含まれてるのだろう??

と見てみたら、たった19冊!しかなかったので、一挙ご紹介したいと思います!

12.武器よさらば

武器よさらば (新潮文庫)

武器よさらば (新潮文庫)

 

 むしろ、【今読んでいる】だった本。最初図書館で借りた古い訳版で読んでいたらどうしても読み進まなくて、新しい訳版をこの間借り直してきました(笑)今度こそ読み切れるか?!

 

25.『地底旅行』 ジュール・ヴェルヌ

地底旅行 (岩波文庫)

地底旅行 (岩波文庫)

 

 小学生の頃に父が買ってきてくれて夢中になった覚えが。

 

64.Alice’s Adventures in Wonderland, Lewis Carroll

 子どもの頃に絵本と映画観たきりだったけど、最近、DMM英会話の教材として扱われていたので、英語版で読破しました。

 

121.『悲しみよ、こんにちは』 フランソワーズ・サガン

悲しみよこんにちは (新潮文庫)

悲しみよこんにちは (新潮文庫)

 

 読んだのわりと最近です。少女の無垢な残酷性が美しく描かれている。さらっと読めるのも良い。

 

124.ティファニーで朝食をトルーマン・カポーティ

ティファニーで朝食を (新潮文庫)

ティファニーで朝食を (新潮文庫)

 

 ホリー可愛いよホリー。映画とまただいぶ雰囲気が違います。

 

195.Do Androids Dream of Electric Sheep?, Philip K Dick

Do Androids Dream Of Electric Sheep? (S.F. MASTERWORKS) (English Edition)

Do Androids Dream Of Electric Sheep? (S.F. MASTERWORKS) (English Edition)

 

 何を思ったか原著で読み始めたのでまだ途中。半分過ぎたくらいから一気に面白くなってきてスピード加速中。もうすぐ読み終わる。

 

203.砂の惑星フランク・ハーバート 

デューン砂の惑星 (1) (ハヤカワ文庫 SF (76))

デューン砂の惑星 (1) (ハヤカワ文庫 SF (76))

 

 これもまだ一巻読み終わったばかり。今二巻です。一巻で大量に撒かれた伏線がどう回収されていくのか気になります。

 

239.『アルジャーノンに花束を』 ダニエル・キース

 初読は中高生のころだったと思うけど、その後も2,3回読んだんじゃないかな。ドラマ化とかもされてましたね。名作。

 

271.『ガリバー旅行記ジョナサン・スウィフト 

ガリヴァ旅行記 (新潮文庫)

ガリヴァ旅行記 (新潮文庫)

 

 読んだときまだ小学生だったと思うのだけど、絵本と全然違くて衝撃だった記憶しかない。もう一度、せっかくだから原著で読もうと思って、ちょっと前に英語版を買ったところ。

 

276.『ハリー・ポッターと賢者の石J・K・ローリング

ハリー・ポッターと賢者の石 (1)

ハリー・ポッターと賢者の石 (1)

 

 アズカバンの囚人までは読んだ。その後がどうもねぇ…続かなかったでございます。

 

447.『ノルウェイの森村上春樹

ノルウェイの森 文庫 全2巻 完結セット (講談社文庫)

ノルウェイの森 文庫 全2巻 完結セット (講談社文庫)

 

できればもう一回読み直したいのだけど、友達に貸したらそのまま返って来なくなってしまってね…涙

 

449.地下室の手記』 フョードル・ドストエフスキー

地下室の手記 (新潮文庫)

地下室の手記 (新潮文庫)

 

 実はこれ、めっちゃ好きな一冊です。

 

 578. 『トム・ソーヤーの冒険マーク・トウェイン

トム・ソーヤーの冒険〈上〉 (岩波少年文庫)

トム・ソーヤーの冒険〈上〉 (岩波少年文庫)

 

 めーーーーーっちゃ好きだったの!でも、遠い昔過ぎてもう大雑把にしか覚えてない。

 575に上がってるハックルベリ・フィンの冒険も読んだことあると思うのだけどもう記憶があいまい過ぎて…実家にまだあるんだろうな。また読みたいわ。

 

609.カラマーゾフの兄弟』 フョードル・ドストエフスキー

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)

 

 誰が何と言おうと私はドストエフスキーが好きだ。

 

686.グレート・ギャツビー』 F・スコット・フィッツジェラルド

グレート・ギャツビー (新潮文庫)

グレート・ギャツビー (新潮文庫)

 

 この本好きって言われたら無条件で友達になれる気がする。

 

734.The Little Prince, Antoine de Saint-Exupery

The Little Prince

The Little Prince

 

 日英仏の三か国語で家にあるよ(笑)箱根のミュージアムも好き。星の王子さま大好き。

 

785.『老人と海アーネスト・ヘミングウェイ

老人と海 (新潮文庫)

老人と海 (新潮文庫)

 

 男のロマンてこういうの…?って思った。弟はこれ大好きだって言うのよねー。

 

862.『ほらふき男爵の冒険』 ルドルフ・エーリッヒ・ラスペ

ほらふき男爵の冒険 (岩波文庫)

ほらふき男爵の冒険 (岩波文庫)

 

 存在も忘れてたけど子供のころめっちゃ好きで何度も読んだことを思い出した!

結構、このリストの中に読んだはずなのだけど読了時の年齢が低すぎて読んだのかどうかちょっと曖昧で外したやつがある…

 

 874.『タイム・マシン』 H・G・ウェルズ

タイム・マシン 他九篇 (岩波文庫)

タイム・マシン 他九篇 (岩波文庫)

 

 小学校の頃夏休みに盲腸で入院して(笑)その時お見舞いでもらった本。もう何度読み返したことか。

 

 

以上19冊。児童書の類は、読んだかどうか記憶があいまいなやつも多い。

『宝島』とか『ロビンソン・クルーソー』、『ハックルベリ・フィンの冒険』『宇宙戦争』などなど…多分読んでるんですが、子供向けに簡単になってる版とかもありますからね。一度ちゃんと読み返したいなぁ。
あと、読んだけど年齢的に理解できなくてほとんど印象に残らなかったのも外してます。中学生の時に読んだ『レ・ミゼラブル』とか『ねじまき鳥クロニクル』とか『戦争と平和』、『初恋』とかね。(笑)

 

映画は見たのに読んだことないじゃん!ていう超有名作も結構ありました。『高慢と偏見』とか『ブリジット・ジョーンズの日記』とか…

 

幸いまだ20代で、年間100冊超は読んでいるので、きっと1000冊!
30代のうちには読めるはずです\(^o^)/