The two drops of oil

本と語学とアニメと映画、時々旅行。他にもいろいろ普段人前でしゃべり足りないことを書いてます(´-`*)

読書記録:『個人的な体験』大江健三郎

最近、仕事が立て込んだり、行事があったり、留学準備が本格化してきたリ、

英語の試験勉強があったり、家のことや、今度の休みで行く旅行の手配とか、

そんないろんなことが積み重なって、「あれもやらなくちゃ、これもやらなくちゃ」

と、全てがなんだか中途半端な感じで、読書をしようと言う気分になれなかった。

別に時間がなかったわけじゃないんですよね。

ブログも書いてたし、アニメとかの動画も見てたし。

なかったのは心の余裕。心に余裕がないときって、目が文字を追っていても、内容が頭に入って来ないんですよね。読書って、動画見るのと違って、とても能動的な行為。

放送されるスピードで流れる視覚情報と音声を処理して行けばいい娯楽に対して読書は、時間の流れ、表象、登場人物の描写。もっといろんな情報を文字から読み取っていかなければならない。

ま、要するに集中力が必要ってことですな( ;∀;)

そんなこんなで、最近読んでなかったんですが、昨日、読みかけて止まっていた大江健三郎『個人的な体験』を読んだらあっという間に読めてしまった!

気分と話の相性が良かったんでしょうね。

個人的な体験 (新潮文庫 お 9-10)

個人的な体験 (新潮文庫 お 9-10)

 

 <あらすじ>

27歳の「バード」というあだ名の青年はその名のとおりちょっとふわふわしていてどこか夢見がち。予備校講師をしながらアフリカへの探検旅行を夢見ていたが、子供が頭部に異常を持って生まれてきて、その夢が潰えたと自暴自棄な生活を送り、悩みを深めていくが、最後にはわが子とともに生きる選択をする。

 

<感想>

27歳と言う年齢は、まだ若いけれど、もうそれほど若くない。まだまだ将来に夢を見ていたいけれど、仕事でも、社会的にも、それにまたバードのように、親になったりすることで、責任をどんどん背負い始めるような時期でもある。

そんな現実を引き受けることができなくて、怖くて、逃げ出したくなる気持ちは、誰にでもあるのではないだろうか。私も実際そんな気分になることが往々にしてある。

先日、映画『言の葉の庭』を観て、ヒロインの雪乃先生が「27歳の私は、15歳の私よりも、ちっとも大人じゃない」というようなことを言っていたと思うのだけど、そのことを、偶然にもバードを通して、また自分と照らして再発見させられた気がする。

私にも転換点はあるのか。もう通過したような気もするし、まだこれからのような気もする。

英単語力を上げるには?~早稲田合格~大学院留学準備まで

英語を勉強しよう!そう思った人がまず間違いなく最初に手を出すものって、

<英単語>ではないでしょうか?受験生が使うような英単語集から自作の英単語帳、最近ではアプリやゲームでも、英単語が学習できますね。

ですが、数が多すぎて、結局どれを使ったらいいのかわからない…

どんな使い方をしたらいいのかわからない…と迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

今回は私がこれまでに使ってきた英単語学習ツールを

早稲田大学合格まで

・イギリス大学院留学基準に到達するまで

の2段階に分けて紹介したいと思います。

 

早稲田大学合格まで

早稲田大学に現役合格するためにしていたことは2つあります。

 

1.【単語集】システム英単語

私が受験生だった頃も今も、人気のラインナップはそう大きく合わっていません。

 ターゲット、速読英単語、キクタン、システム英単語、DUOなど…

数ある中でも、私が愛用していたものはシステム英単語でした。

システム英単語 (駿台受験シリーズ)

システム英単語 (駿台受験シリーズ)

 

収録語数2,021語。 早慶上智などの難関私大を受けるにあたって、この量は少ない、という声もよく聞きますが、単語が「出る順」で並んでいるため、地道に取り組めば取り組むだけ、「読めるようになる!理解できるようになる!」ことが実感できるはずです。ついつい、早慶合格には4000語~6000語必要…と聞くと、最初からそうしたレベルをカバーした参考書に手を伸ばしたくなる気持ちはわかりますが、いきなり高い山に挑むのではなく、超えられる山から越えていくのも、モチベーションを保つコツだと思います。

 

2.自作単語帳

システム英単語だけでは早慶レベルに不十分?でも、私にはシステム英単語を極めるのが精いっぱいで、とてもじゃないけど他の単語集まで手を出すことはできませんでした。そのかわり使っていたのは自作単語帳。

100均で帰るリング式の単語帳に、問題集や過去問を解いていて出会った知らない単語を書き込んで持ち歩いていました。

早慶などの総合大学では、学部がいくつもあって学部ごとに問題傾向も違いますが、違う学部の過去問も3~5年分は解いておけば、結構な数になります。あと、正直、国際教養学部を除いては、早稲田の英語は慶応・上智に比べて簡単だと思うので、システム英単語本当に極めていれば対応できるんではないでしょうか。多分ね。

 

受験英語と使える英語は全く別物。

と、ここまで偉そうに書いておいて、大学時代の私の英語力は酷いもんでした。

実力別の英語クラスは3段階中一番下だし、就活前に受けたTOEICも600点に届きませんでした(´・ω・`)英会話なんてもってのほか。大学二年の時にアメリカに旅行行ったけど、空港でも街中でも周りの人が何喋ってんだかさーっぱりわからない!飛行機の中で“Can I have water?”っていう言葉が出なくてキョドりまくるレベルです…

「大学は早稲田です」って言うと英語出来ないと言っても「いやいやそんなこと言って結構できるでしょ?」って言われるけど「本当に全然できないから!!!」っていうレベル(´・ω・`)

原因ははっきりしていて、当時の私は「読んで理解できること」に重きを置いて学習していたので、リスニングできない。何言ってるかわからなければ会話ができないので離せない。私大受験の長文は文献を読みこなす能力が重視されているので、日常会話のフレーズが頭に入っていない。

そんな私が「英語、本当に喋れるようになりたい!」と思って本格的に学習を始めたのは25歳になるぞ!という時でした。

 

大学院留学準備に当たって。

英語を勉強し直そうと思ったきっかけは、イギリスの大学院で勉強をしたいと思ったから。そして卒業後も海外で働きたいと思ったから、です。

大学院での学位取得に高度な英語力が必要となって来ることはもちろんですが、さらに私が希望している業界は英語ができることが最低条件みたいな世界で、コミュニケーション能力があれば語学力は関係ない、とはちょっと言い辛い職種です。

大学院留学に必要となるIELTSの受験だけではなく、入学後や卒業後も見越した語彙力をつけたい…そしていろいろ試した結果、使い続けているのがiKnow!というサービスです。

iknow.jp

大学生の時もちょこっと使ったことがあったのですが、ある日突然有料化…それっきり使うのをやめてしまいました…。無料教材があふれる世の中において月額780円もする高級(?)サイトではありますが、昨年から、私が利用しているオンライン英会話スクール、DMM英会話の会員が無料で使えるようになった!との知らせを受けて利用を再開しました。

eikaiwa.dmm.com

iKnowの良いところは、

  1. TOEIC受験(目標点別)や大学受験、留学準備やビジネスからゴシップなど様々な分野に対応したコースの豊富さ。
  2. 脳科学に基づいて、忘れそうなタイミングで再度出題をしてくれるシステム

この2つに尽きると思います。単語帳で学習していても、実際どのくらいその単語が自分に定着したかというのはわかりにくいもの。iKnowなら、見てわかる/聞いてわかる/書けるかどうかという3段階で、単語の定着をはかることができます。

回しものではありませんが、インプットした単語や表現は、実際に自分で使ってみると覚えが早いので、DMM英会話とセットで始めると一石二鳥かもしれません(笑)

chi-book.hatenablog.com

そうは言っても私もまだまだ勉強中><あんまり偉そうに言える立場ではありませんが、自分のモチベーションを保つためにも、良いなと思ったものは積極的にシェアしていきたいなと思っています!

今回ちらっと触れたDMM英会話をはじめとするオンライン英会話については、また今度書いてみたいと思います(^^)/

映画鑑賞記:『言の葉の庭』

インターネット様様。海外にいても日本の映画、書籍、だいたいアクセス可能ですが、さすがに最新の邦画は観れません(;・∀・)

しかし『君の名は。』の予告を観て新海誠監督熱が上がったので、

言の葉の庭』を観ました!

ちなみに『君の名は。』って予告編観るまで、昭和期の同名ドラマが映画として復活するのかと思ってましたよ。笑


映画『言の葉の庭』予告編映像

 

あらすじ:

靴職人を志す15歳の高校生タカオは、雨が降るといつも学校をさぼって公園で靴のスケッチに熱中していた。そんなある日、彼は27歳のユキノと出会い、雨の日だけの再会を繰り返しながらお互いに少しずつ打ち解けていく。タカオは心のよりどころを失ってしまったユキノのために、彼女がもっと歩きたくなるような靴を作ろうと決心する。(Yahoo!映画より)

 

感想:

この物語の魅力はずばり日常系でありながらどこか神秘的なノスタルジーを誘う構成と、雪乃先生役を演じた花澤香菜さんにあると思いました。

 

この作品に置いて雨は3人目の登場人物、と言うほどウェイトを置かれているので、雨に溶け込んでいく公園の描写はとても神秘的なのですが、舞台が新宿と言うこともあって日常への親和性も高く、日常と非日常が溶け合っていく心地よさを味わうことができます。

 

物語はタカオ視点で進んでいくので、雪乃先生は謎の多い大人の女性として描かれています。雨の日の午前中にだけ会えるというのも神秘性が高まってまた素敵。

ですが、そんな、ミステリアスでちょっと儚げな女性に花澤香菜を充てる、ということに、私は冒頭違和感を感じていました。

花澤香菜さんって言ったら、可愛い少女とか、戦うヒロイン的なイメージが強くて、儚い感じの大人の女性のイメージとは…?

と思っていたのです。

が。最後の最後で、その私の認識は完璧に間違いだったことに気づくのです。

15歳のタカオくんからすればミステリアスな大人の女性でも、雪乃先生の視点に立てば、等身大の27歳なんて、まだまだ、大人になり切れてない。

(ていうか私と同い年。)

その切り替えが起こったとき、ものすごい衝撃派がですね…

心の琴線を揺さぶります。

 

やっぱり新海誠監督は外さないです。。

 

Netflix1か月無料体験…『2001年宇宙の旅』

Netflixの一か月無料体験が今週で終わり…

しかしタイミングを間違えたと見えて、なんやかんやと出かけたりしていて忙しく、

映画一本しか観ていない…そんなわけで、昨日慌てて観ました(笑)

<観てない名作>の一つ、『2001年宇宙の旅


2001: A SPACE ODYSSEY | 2001年宇宙の旅 予告編

見始めてびっくり、しばらく音楽だけの真っ暗な画面が続きます。

最初回線不良か何かと思って何度もリロードしてしまった。そういう演出なのね。

画面開けると今度は人類の夜明けとして類人猿が道具を使うようになるまでの様子が無声で流れます。

小説版を読んでいたので、「あ、そういえばこういう画面あったな」って感じでしたが、前知識なく『2001年宇宙の旅』を観た人は戸惑うのではないでしょうか(笑)

 

乱暴なあらすじとしては、

月面で発見された強力な磁場を発する物体“モノリス”がどうやら木星と関連してるっぽい。これは木星に何かあるっしょ?!ってな感じで探査チームが組織されます。スーパーコンピューターHALによって統御された宇宙船は木星を目指しますが、途中で、頭の良すぎるHALがコンピューターのくせに精神分裂を起こして大変なことに!なんとかトラブルを乗り越えた主人公は木星にたどり着きますが、そこにあったものは…

 

と言った内容(え

 

宇宙旅行の映画なのに(?)台詞がかなり少なく、物語のラストに向けては非常に哲学的な内容になっていくので、

小説版読んでなかったら宇宙にほっぽり出されたかのような気分で最後を迎えたかもしれません…

 

ですが、1960年代に撮られたとは思えない程の映像美と、台詞が少ない中でも瞳の動きで場面の緊迫感を表す俳優さんが素晴らしく。また壮大で哲学的なストーリー展開も間違いなく現在のSF界に大きな影響を与えたんだな、という凄みのある作品でした。

今更Twitter始めてみた。

まさかのここに来て、Twitter始めました。

とはいえ本当の初めてではございません。

遡ること数年、就活生だった私は当時はやり始めたばかりのTwitterに登録して、

うまくいかない嘆きや、私こんなに頑張ってる!的なことを、せっせと呟いておりました。

それはさながら、朝井リョウの『何者』に出てくる登場人物たちのようで、自分でも今思えば痛々しい。

何者 (新潮文庫)

何者 (新潮文庫)

 

 頑張ってることも、充実していることも、誰かにアピールせずにはいられなかったのです。

いわゆる承認欲求ってやつですね。

誰か頑張ってる私を認めて!

強がってるけどほんとは弱い私を受け入れて!

…あぁ黒歴史。。。

就活仲間ユニオンみたいのがツイッター上でできあがり、励ましあって?

傷を舐めあって?当時は楽しんでいたのですが、

手軽さゆえに思ったことすーぐ書きこんじゃって、リプもすごい数飛んでくると返さなきゃ!みたいになって…社会人になってからめんどうになってやめました。

でも今度は段々この年になって、しかも日本人数も多くない(そして日本文化もあまり知られてない)国で海外生活とかしてると、今度は趣味の話で盛り上がれる機会が圧倒的に少ない。

Facebookとかにあんまり、こんな本読んだとかこの映画観たとか今期のアニメこれがいいとか、英語学習こんだけ頑張りました、とか逐一書く人ってちょっと受け入れられないじゃないですか。あんまり。意識高い系とか言われちゃうし。

好きなことを好きなように話したいだけなんだよ…

それでブログ始めたわけですが、アニメ各話ごとに感想書いたりするほどマメでもないし、本読んでもすぐに感想書けるとは限らないし…文字通りちょこっと「つぶやく」場があってもいいなと思って、ためしに再登録してみた。

自分が止めるともうそのコンテンツはこの世に存在しないみたいな気持ちになってたけれど、好きなアーティストとかタレントとか企業さんの情報をキャッチするのにはすごく役立ちそうですね。

今後続くかわかりませんが…よろしければTwitterもよろしくお願いします(; ・`д・´)

chi_tantan (@chi_2drops) | Twitter

甲鉄城のカバネリ…観るもんかと思ってたのに見たら面白かった。。

甲鉄城のカバネリノイタミナ枠で放送中ですね。(´ω`*)


「甲鉄城のカバネリ」PV第一弾_2015.12.17解禁

進撃の巨人』を手掛けたチームが再集結した作品ということもあって、

進撃っぽい!とか色々言われてますが、私は当初…

「いや、私が見たいのは“進撃っぽい何か”じゃないんだ!!二期はよ!!」

とか思ってました。放送始まってからも特に観る気起きなくて、

英語吹替えが出たら見ればいっか…くらいに思ってた…の・に!

 

うっかり一話見たら、止まらなくなっちゃってね…今日だけで1~7話まで一気に観てしまったよ。

放送中の番組は次週をもやもやしながら待つのが嫌だから観ない、って言ってたのに、あーーーーまさか一日で7話観てしまうとは。やられた。

 

甲鉄城って何?って感じだったんですが何やら高性能の蒸気機関車なんですね~

戦艦ちっくな雰囲気もありつつ、『屍者の帝国』で見たスチームパンクっぽい雰囲気も持っていて、視覚的にも結構楽しいです。

f:id:chi-book:20160603050315p:plain

話としてはカバネというゾンビ化した人間が人の血を求めてさまよっていて、

人はカバネを恐れながら生きているっていう、ちょっと進撃っぽい世界観。

f:id:chi-book:20160603051154p:plain

戦闘シーンも文句なくかっこいいですね。無名ちゃんの飛び回る感じも楽しいですが、

武士の活躍する世界設定と言うことで、ちょいちょい出てくる白刃戦がまたかっこよいです。

噛ませ犬的役回りの来栖さんていう人がね、最初はなんだこいつ性格悪いな。

っていう位置づけだったのに、戦ってみたら強かった、意外と頼りになった。

f:id:chi-book:20160603051528p:plain

進撃みたいにばっさばっさと名前のあるキャラがしょっぱなから死んでくことはないんですが…

ここまでないだけに、逆に先が不安。キャラがみんな立ってるので、

死なないでくれるといいなー(笑)

アフリカンテイストの音楽がかっこいい!

フランス語の音楽を聴くようになってから、気のせいかもしれませんが、

フランスのポップミュージックって、結構民族色の強い音楽が多いなぁって思うことが多いです。

前に紹介したKendji Giracとか。

chi-book.hatenablog.com

 そんなこんなで、最近ハマってるアーティストの一人。

コンゴ出身でフランスを拠点に活動しているアーティスト、Maître Gims

Sexion d'Assautというアフリカ系の人たちで構成されたラップグループの一員です。

アフリカンテイストが強くてかっこいい。


Maître Gims - Sapés comme jamais (Clip Officiel) ft. Niska

アフリカ某国のラジオでもよくかかってるし、結婚式とか屋外イベントでも、

みんなこの曲で良く踊ってるんで、やっぱりご近所同士通じるものがあるんだろうな。

散々聞いてたはずなのにラップっていうこともあって?しばらくフランス語と気づかず、現地の言葉かと思ってたら、フランスのヒットチャート漁ってた時に発見してびっくりしました。

え?なぜそんなこと知ってるのかって・・・?

・・・住んでんだよ。

そんなブログに書くのに絶好のネタがありながらなんで推していかないんでしょうね。

まぁ今時旅人とか居住者とか、頑張って現地の様子を発信してくれる人がいるんで、わざわざ自分が「遠い外国でこんな暮らししてます!」とか書かなくていいかなって思ってるってのはある。世界のどこに住んでいようが、日常生活をネットに晒したいと思わないのもひとつ。それよりは普段話し足りない趣味の話を好き勝手書きたい!…のがこのブログです。

けどいつか気が向いたら書くかもです。

あっと話が脱線した。

もう一個アフリカ系で日本でも最近よく聴かれてるのってNico&Vinzとかですかね?


Nico & Vinz - Am I Wrong [Official Lyric Video]

アフリカ系ノルウェー人デュオ。ちょっと前にこの曲結構日本でもかかってた気がする。

そんな感じ。